神奈川県のハローワーク

転職者には必ずしも業績が必要なわけではありません。大切なのは、転職後の企業でどのような目標を達成することができるかがやその企業においての達成目標を明確なビジョンとして所有していることがより重要になってきます。企業が必要としているのは、あいまいな目標を持つ志願者ではなく、必ずや企業にとって大きな利益となる可能性を秘めた志願者です。転職というのであれば、なおさら明確な志望動機が必要になります。

また、もし業績があるのであれば、自分の達成してきたことについては履歴書等にしっかりと書き留めることが望ましいです。たとえ、グループなどの集団で達成されたものだとしても、自分がどのような役割を担ったか、そして企業や社会にとってどのような利益となったか、ということを具体的に説明できることが大切です。企業にとっての転職者はある意味で即戦力としての期待が大きいので、その点を鑑みると自分の売り込みが可能な分野に関してはしっかりと売り込むことができる志願者こそ、面接官の目には止まりやすくなるのです。

なお、転職の理由の一つに、今いる企業の業績不振を上げる志願者がいますが、これを面接の際に話してしまうと、面接官は「この企業の経営状態も悪化したら、この志願者はまた同じようなことをする」と感じてしまいますので注意をしなければなりません。